2008年06月02日

アメリカ知的財産法への誘い〜牛糞は発明の母(前編)〜

品のない表題で恐縮です。読者がこの記事を目にするときは食事時でないことを祈るばかりです。今回は、牛の糞が関係した有名な特許事件を2件紹介します。1つが「チャクラバーティ事件」で、もう1つが「サクライダ事件」。


まず、チャクラバーティ事件から。


チャクラバーティ事件は、微生物に特許を認めた最初の最高裁判決として知られています。米国特許法史上十指に入る重要判例です。その発明はアナンダ・チャクラバーティという研究者が生み出したものでした。


アナンダはイリノイ大学で石油を分解する特定の菌(シュードモナス菌)を研究していました。GEに就職し、最初に与えられたのが、牛糞のセルロースを微生物で分解して飼料を作るというテーマでした。糞の中に含まれる未消化繊維を分解して飼料にするという発想です。


ところが世界の原油価格が大幅に下がり、原料となる原油が安く入手できるようになっため、会社は方針を変えてしまいました。石油そのままでは飼料になりませんから、微生物を使ってそれを分解し、栄養分を飼料に転用しようとしたのです。


アナンダは、会社の研究テーマとは別に、就業時間後や週末にシュードモナス菌を使って自分の研究を進めていました。その結果を論文発表したところ中東で開催される学会で口頭発表しないかという招待状が彼に届いたのです。


当時、GEでは、学会発表のための海外出張はほぼ機械的にみとめられていたようですが、アナンダの場合、たまたま副社長が彼の出張願いを見て、アナンダに研究内容を特許出願してから学会で発表するようにと条件をつけたのでした。そのため、学会では実質的ことは何も話せなくなりました。アナンダは後に回顧録の中で「これについては特許出願を準備中なのでこれ以上は発表できません」と何度も壇上で繰り返さざるをえなかったとその困惑ぶりを書いています。後からみればそれがアナンダに幸いしました。


さて、問題の特許ですが、微生物を使って原油を分解するプロセス、微生物が着床する浮遊物(海面に浮かぶもの)、人工的に生成した微生物―という3つの発明から構成されていました。最初の二つの発明には特許が認められましたが、3番目の人工微生物には特許は認められませんでした。


GEの社内弁理士はバイオ専門ではなかったのですが、新規・有用・非自明の3つの要件を満たす限り特許は人工微生物にも認められるべきだという信念から裁判で争ったのです。この事件は最終的に米最高裁で決着をみることになりました。そして遺伝子操作による生命体にも特許が認められるという判例が確立したのです。これが、微生物にも特許が認められ、米国のバイオ産業の発展の端緒となった「チャクラバーティ事件」です。


この事件は、特許庁の審決に対する裁判なので、後世、当時の特許庁長官の名前を入れて、「ダイアモンド対チャクラバーティ事件」と呼ばれるようになりました。



[Diamond v. Chakrabarty事件・参考リンク]
・Wikipedia:Diamond v. Chakrabarty
 http://en.wikipedia.org/wiki/Diamond_v._Chakrabarty

・アナンダ・チャクラバーティ氏の出願特許(GE名義)
−US3813316・US4259444
 対応日本特許:特開昭49-061376・特開昭58-028277
 Microorganisms having multiple compatible degradative energy-generat
 ing plasmids and preparation thereof
 http://v3.espacenet.com/textdoc?DB=EPODOC&IDX=US3813316&F=8
−US3923597
 Mercury concentration by the use of microorganisms
 http://v3.espacenet.com/textdoc?DB=EPODOC&IDX=US3923597&F=0
−US3923603
 Discrete plasmid construction from chromosomal genes in pseudomonas
 http://v3.espacenet.com/textdoc?DB=EPODOC&IDX=US3923603&F=0

※日本・特許電子図書館(IPDL)の外国公報DBで和文抄録を見ることが可能


posted by J.Fujino at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メールマガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。